仕事にも生活にも必須、カナダで必要となる銀行口座

カナダで仕事をするという場合には、お給料を振り込んでもらったり、日本からの送金をもらったり、逆に日本に送金をしたりなどする際に銀行口座は必要となります。日本人が海外の銀行口座を開設するというのはそんなに難しい事ではありません。特にカナダで就職・転職をするという場合には、まず最初に必要となる手続きの一つですからしっかりと方法を知っておく必要があるでしょう。

まず、カナダで銀行口座を開設するにあたって必要となるものは、日本での銀行口座開設と同様に身分証明書が挙げられます。日本では運転免許証を提示するということが一般的ですが、カナダて開設する場合にはパスポートがいちばん手っ取り早いでしょう。
パスポートにはカナダでの現住所というのは記載されていませんから、何かしらの現住所を確認することができる書類も必要となります。たとえば、自分宛に届いた郵便物などでしたら簡単に用意できるかと思います。
その他に、旅行者ではなく、実際に仕事をして働いているということを証明するために、就労ビザや労働許可証などの提示が求められることもあります。
どのような書類が必要になるのかというのは厳格な決まりがあるというわけではありませんので、銀行ごとや、その銀行で対応してくれた担当者の方の判断によっても違いが出てきます。
とりあえずは、パスポートと現住所の確認できるもの、ビザや労働許可証などを提示すれば問題はないでしょう。
カナダの銀行は日本と違って通帳がなく、その代わりとして毎月郵送で利用履歴が送られてきます。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ