現地に溶け込みたい、カナダの現地採用で必要な語学力

カナダでは英語やフランス語が使われていますが、カナダで就職・転職をするならばとにかくまずは英語力が必要となります。日系企業で働く際には、もちろんのことですが、さらに現地採用として働くとなればより一層高いレベルの英語力が必要となるでしょう。
同僚や上司を始め、周りはすべて外国人であるというケースが多いですから、誰も日本語が分からないので自分で英語をしゃべってすべてをクリアしていかなくてはなりません。

どのような場合でも、単純な日常会話レベル一応の英語力が求められます。仕事の面接の際にまずはTOEICで何点ぐらいのスコアがあるのかということを問われることもありますが、だいたいTOEICでしたら800点以上を目指したいものです。日常会話だけではなく、ビジネスレベルの英語力があり、さらには読み書きもしっかりできるということがポイントの一つとなります。

カナダで就職・転職をするのに有利になる語学力としては、英語以外にフランス語が挙げられるのですが、これには地域差があります。たとえば、ケベック州などのエリアですとフランス語が公用語になっていますので、もしフランス語ができればそこで有利に働きます。
どこで仕事をするのかということによって、必要となる語学力の内容も異なりますし、仕事の形態、さらには業者などによっても異なります。とにかくカナダで就職・転職を考えるならば、ビジネスレベルの英語力は身につけておくと安心です。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ