実力が全て、日本人の現地採用の場合の報酬や手当

カナダで就職・転職をするにあたって、日本で就職した上で現地に設立されている事業部やグループ会社などに派遣されて働く駐在員としての立ち位置と、現地の企業に直接就職するという現地採用という立ち位置では、待遇や賃金の面でも大きな違いがあります。
駐在員の場合ですと、日本でもらっているお給料プラス海外で働いているという分の報酬が入りますので、単純に日本で仕事をするよりもお給料的には高額になります。日本よりも生活費などが安く済むことが多いので、生活水準はかなり高いものになるでしょう。

ただし、現地採用の場合にはこうした駐在員のような待遇は受けることができません。日本の企業のように福利厚生がきちんとしているとも限りませんから、保険のことなどを始めとしてご自身できちんと管理できるかどうかがキーポイントとなります。

報酬の面では、現地採用の場合には仕事内容にもよりますが、アルバイト感覚で仕事をするならば10万円前後からスタートするのが一般的で、旅行会社などで働く場合には20万円前後、その他にも日系のIT企業で働くという場合には少し高くなって年収でいうと300万円くらいになります。
どれくらいの語学力があるのか、今まで日本でどのような仕事をしてきたのか、知識やスキルなどによってお給料が変わってきますが、カナダの給料水準というのは日本に比べると低くなります。その分、生活費なども安く済みますから現地採用でもらうお給料であっても問題なく生活をしていくことは可能です。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ