移住・生活・仕事で知っておきたい、日本経済にとってのカナダ

カナダは、アメリカとのつながりが深い国ですから、日本はカナダそのものの国としてはもちろんのこと、アメリカとの関係も考えて非常に日本経済にとって大切な国であるということが言えます。
ですから、カナダに進出している日系企業もとても多いですし、現地に関連会社を持っていたり、現地の企業と提携を結んでいたりということもあります。
こういった日系企業の場合には、もちろん日本人が現地に赴き駐在員として仕事をしています。カナダで就職・転職をしたいと思った時には、駐在員として赴くという方法もあるのです。

どのような企業がカナダに進出しているのかということを知っておけば、今現在のお仕事の内容や、ご自身が保有している資格、得意としているスキルなどを活用できるかどうかが分かります。英語力というのは最低限のことであって、それ以外に何か専門的な知識があると、カナダで就職・転職をするのに有利になります。

まず、金融業界というのはカナダに多く進出していますから、現在金融業界で仕事をしているという方や、経験を持っているという方はカナダで就職・転職するにあたって有利に働くでしょう。
主な例を挙げると日本の大手銀行である三菱東京UFJ銀行だったり、三井住友銀行、みずほ銀行、さらには大手の保険会社である明治生命保険なども進出しています。
このような大手企業の駐在員としてカナダで働くとなると非常に狭き門ですが、これから先もさらなる企業がいろいろと進出していくことが考えられますので、金融業界というのはカナダで就職・転職を考える人にあたって抑えておきたいポイントです。

参考:カナダ求人サイトの選び方 – タイプ別、企業別でこう選ぶ!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ